新型肺炎対応についてのC+Fの取り組み

2020年4月8日

本日はコロナウイルスの状況に関し、緊急事態宣言が東京他で出されましたことを受け、5月以降のワークショップにつきまして、お知らせ致します。

現時点では、緊急事態宣言の対象期間の終了日である5/6を受けての政府判断に沿い、最終的に開催可否の判断をさせていただればと考えております。

☆開催中止、もしくは今回の新型肺炎を理由とするお客様によるキャンセルの場合、すでに参加費をご入金済でも、ご返金にキャンセル料ならびに手数料はかかりませんので、ご安心下さい。お振り替えもできます。

また、引き続き、長期化した場合に備え、オンラインでできることにつきましても、検討してゆきます。

他にも個人セッション(スカイプ、ズーム、電話などによる)のご希望がありましたら、お問い合わせいただけます。

どうぞよろしくお願い致します。


2020年4月4日

現時点におきまして、東京は週末自粛宣言が出ており、感染拡大警戒地域とされていますため、4月分のワークショップにつきましては、残念ながら延期とさせていただきました。

5月以降の分につきましては、今後の経緯を注意深く見守り、参加される方々の安全を考えて開催の可否を決定していきます。

また、この感染拡大が長引く場合に備え、オンラインでのプログラムやコンテンツ提供につきましても、検討を進めてゆきます。

今日はC+F代表ティム・マクリーンによるメッセージと、一緒に実践していただけるセンタリング(「今、ここ」に座る)の映像をアップ致しました。

伊豆から、心から皆さんへ ティム・マクリーン

また、販売している音声ファイルの内、5分間の実践を当面のあいだ公開することに致しました。

シンプル・センタリング(5分センタリング)

心身が落ち着き、クリアに考え、選択できるように、よろしければぜひご活用下さい。


2020年3月26日

3/28(土)・29(日)に予定しておりました、エニアグラム月例ワークショップは、東京都による外出の自粛要請を受け、同日での開催を取りやめ延期とさせていただきます。

誠に申し訳ございません。

振替の日程等につきましては、決まり次第掲載いたします。

3/31追記)
振替の日程は、8/8(土)・9(日)に決定いたしました。

8/8(土)エニアグラム月例「自己成長」

8/9(日)エニアグラム月例「こころのダイナミズム 1 〜性格のさまざまな要素 」


2020年3月18日

ワークショップ開催につきましては、コロナウイルスの問題のさなかにも関わらず、近隣の方もかなり遠方の方も、 参加お申し込みの方々が増え、皆様の意欲に本当にありがたく思っております。

この感染症の問題につきましては、19日の専門家会議の発表を受け、何らかの政府発表が近日中にされると思われます。

お知らせ事項がありましたら、また告知させていただきます。

3/28(土)〜29(日)のエニアグラム月例ワークショップにつきましては、何か緊急の事態が起こらない限り、政府ガイドラインにしたがってリスクを抑え、開催致します。

ワークショップの状況としましては、リスクが低い状態と考えていますが、安心・安全のための最大限の配慮を行ってゆきます。
具体的には、以前のお知らせをご覧いただけますでしょうか。
(懇親会は現在のところ、中止とさせていただいております。)

今月末の月例ワークショップのテーマである「自己成長」というのは、この困難な時期において、非常に意味深く、大きな助けになるテーマであると考えています。

エニアグラムでは、成長のプロセスにおける「ショック・ポイント」について語っています。性格的反応にとらわれず、自らの本質にしっかり根ざして可能性を開いていくことを、皆さまと共に探求してゆきたいと思います。

来月以降のワークショップにつきましては、現在のところ開催予定に変更はありませんが、また状況を見ながら、お知らせさせていただきます。

すべてのワークショップにつきまして、遅くとも開催の10日前までに、改めて開催の可否をお知らせ致します。
(緊急の場合を除きます。)

引き続き、ご理解・ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。


2020年3月9日

最新の状況に基づいての更新情報となります。

安倍総理は2/29に、「これから1、2週間が、急速な拡大に進むか、終息できるかの瀬戸際となる」と記者会見で述べ、協力を要請しました。
そして、3/15頃(以降)に何らかの見通しが示されるのではという予測もされています。

こうした見通しも含め、さまざまな角度から冷静に最新情報を吟味し、今後のワークショップが予定通り開催できるか、最終決定を行って参ります。
(各ワークショップ開催日の10日前までにはお知らせをさせていただきます。なお、主催者によるキャンセルの場合、すでに参加費をご入金の場合でも、ご返金にキャンセル料ならびに手数料はかかりませんので、ご安心下さい。お振り替えもできます。)

ご心配をおかけしておりますが、意欲的に参加のお申し込みをされている皆様のお気持ち、そして安全・安心への配慮を踏まえ、対応して参りますので、引き続きご理解・ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。

予定通り開催の場合、会場内外での消毒や換気などに努め、プログラム内容上、リスクを抑えるように配慮致しますが、開催しない方がよいと判断される場合は、延期という選択肢で考えております。

ご心配な点やご意見などおありでしたら、いつでもお気軽にご連絡下さいませ。


2020年3月5日

C+Fのワークショップにつきましてはすべて、政府が要請した当面の1〜2週間の自粛期間の後に開催予定となっております。

したがいまして、今後の経過を見つつ、多方面からの最新の情報収集により、リスクの程度を判断し、開催の可否を継続的に検討してゆきますが、現時点では開催予定に変更はありません。

会場にゆとりがあり、不特定多数の方が密に長く会話を交わすような場ではないため、今のところ、リスクが高いという判断ではありません。
(ただしワークショップ終了後の懇親会の中止は検討中です。)

予定通り開催の場合、引き続き、会場内外での消毒や換気に努め、プログラム内容上、リスクを抑えるように配慮致します。
もちろんマスクをしたままご参加いただけます。

なお参加当日、発熱がある方、また咳やくしゃみなどで感染症の恐れがある方は、誠に恐縮ですが、参加をご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

コロナウイルスでご心配がある中、変わらず意欲的にワークショップにお申し込みいただいたり、お問い合わせいただいている皆様に心から感謝致します。

 

3/4 C+Fブログ記事
「コロナウイルス問題に関して思うこと」


2020年2月28日

新型肺炎の状況につきましては、注意深く推移を見守り、お知らせ事項があれば早めに告知させていただきます。

予定されているワークショップにつきましては、そのまま開催可能と判断される場合でも、会場の建物では従来より感染症対策として消毒スプレーをエレベーター・ホールおよび洗面所に設置しております。

会議室内でもこまめに消毒したり換気するなどの措置を取らせていただきます。

開催までには状況がもっと落ち着いていることを、願っております。

ご質問、ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願い致します。

© C+F Institute. All rights reserved.