ホロトロピック・ブレスワーク

 

 

ホロトロピック・ブレスワークは、代表的なトランスパーソナル・セラピーとして知られています。心身に深く働きかける非常に効果的な呼吸法として、世界各地で過去数十年にわたり実践されてきました。この呼吸法は、音楽をかけ、横になって深くて速い呼吸をすることで、日常よりも深い意識状態で自分と出会い、心身の生命力を活性化すると共に、自然治癒力を引き出します。

 

C+Fでは、ホロトロピック・ブレスワークの本来の形として、自然環境の豊かなところで、少人数の合宿形式により、行なっています。日常生活から離れてワークに集中し、呼吸法の後も静かに自分を見つめ、体験を消化する時間が大切と考えるからです。初めての方も多く参加されます。
ホロトロピック・ブレスワークについて詳しくはこちら»


〜自己発見と癒しのための代表的セラピー〜


初日に基本的な考え方や具体的なやり方の説明をした後、第1回目の呼吸セッション(半数の方)を行ないます。2日目には、第2回目のセッション(残り半数の方)の後、自然の中で静かに過ごして体験を消化するワークやシェアリング(体験の分かち合い)などを行ないます。3日目には、呼吸法の体験を描いていただいた絵の分析などをもとに、日常生活に活かしていくためのワークを行ないます。

  • 創始者グロフ夫妻のトレーニング・プログラムを受けることを希望されている場合、C+Fでのワークショップの参加記録が単位認定されます。

 

スケジュール

恐縮ですが、2017年度は開催致しません。
次回開催につきましては、改めてお知らせいたします。

場所 伊豆高原を予定(静岡県 伊東市)
定員

10名

参加条件
  • 3日間通しでご参加いただく必要があります。
  • 妊娠中の方、心臓疾患その他の理由により激しい運動を禁じられている方、緑内障の方は、ご参加いただけません。
  • 精神科で治療中ないし治療経験のある方は、必ずご相談ください。
講師

ティム・マクリーン(公認ファシリテーター)

ご参加いただけます!

  • 初めて参加される方、継続して参加される方など、どなたでもご参加いただけます。(ただし、心身の健康上の理由により、参加をお断りさせていただく場合があります。)1回の参加でも結構ですが、3回ほどを目安として、体験が深まっていきます。
  • 参加される方の動機はさまざまです。頭で理解するだけでなく、心身のエネルギーを解放したい方、人生の節目に必要と感じる方。なんとなく興味があるから、という動機でも結構です。
  • リソ&ハドソン エニアグラム・トレーニングPart 2の受講者(アメリカでは、Part2のプログラムの中にホロトロピック呼吸法が入っています) など

 

druckversion印刷用 | サイトマップ
© C+F Institute. All rights reserved.