参加者の声

バイロン・ケイティ・ワーク

レベル2・レベル3ワークショップ

※旧オープン・ワークショップ、旧アドバンス・ワークショップ、旧1日ワークショップ

 

 

 

▼2016年

 

レベル3ワークショップ

2016年 12/10(土)「自分をジャッジする」

いつもながらフレンドリーな雰囲気の中でのワークショップがとても心地よいです。内容もとても充実しており、デモでして頂いた亡き母への愛を思い出せたことは、今年最大の自分へのプレゼントとなり、感謝しています。

【田中希代子さん】

やっと、"現実"を愛することのきっかけを得た気がします。満足できない苦しさは、ちょっとした気付きでやさしくいやせるんですね。自分自身に向きあうことが、これほど世界観をかえるとは思いませんでした。いつもあたたかな場をありがとうございます。

自分に対する取り組みをするためにワークを学び始めたので、たいへん有意義な内容だった。

【山口透さん】

デモセッションを初めてうけました。なぜか涙が出てきて(悲しいとかではなく)色んな感覚がわいてきました。

自分にとって大切なテーマに取り組むことができました。

 

レベル2ワークショップ

2016年 9/11(日)「効果的な質問のしかた」

効果的な質問について、自分にとって効果的なのは、Q3の「その考えを信じている時、過去や未来についてどのようなイメージが浮かぶか?」と「その考えを信じる時、できなくなることは何ですか?」だと思った。ストレスに反応して混乱すると、今を生きることが難しくなる。これが苦しいのだが、逆に、この苦しさがワークへと導いてくれるので、不快感をありがたいと思える。この苦しい感覚に対し、最近過敏だ。いつもありがとうございます。

4つの質問のある意味がようやく理解できてきました。又、置き換えによってもたらされる気付きの意外性にいつも驚きます。

【山口透さん】

とても深い学びの時間でした。でも、さらに奥の深さを感じています。ペアワークの時、ティムさんよし子さんのアドバイスや質問によって、「ハッ!」とする気づきとの出合いもあり、ありがたかったです。共に、今日ご一緒した方々との交友も二日続いたこともあり、楽しかったです。

ワークは、結局、他人に自分の姿を投影していると思いました。また、相手に嫌悪感を持つのは、その割に、投影している自分のくせに、それを見たくないと矛盾した自分がみえました。ファシリテータの相手によりそうことは自分に寄りそう、なのかなとも思います。人にぐちる前に、ワークをしようと思いました。それがきっと1番健全で全ての平和だと思えました。ファシリテーションした相手のワークも自分にリンクする不思議さも感じました。

【C.T.さん】

(あたりまえのことかもしれませんが)参加するたびに理解が深まります。継続して学びたいと思っています。ケイティワークショップ4日めでしたが、今日も驚きと感動の連続でした。10月の合宿が楽しみです。

 

レベル2ワークショップ

2016年 9/10(土)「置き換え」

今回もとても気持ちのよい環境で、愛あふれる内容の研修を受講させていただきました。ことばに表現しきれませんが、8月の「入門」から何か大きな変化が起こり始めています。今後がとても楽しみです。参加するたびに心が軽くなります。「ワーク」を継続して勉強し、実践して生き方に出来たら…と思います。ご縁に、心からありがとうございます。

今日もとても良かったです。置き換えに関する質問にいろいろと教えていただきありがとうございました。またワークをするのをサポートしていただいて今日も思わぬ気づきがたくさんあり、参加して本当によかったと思いました。

オープンセッションでクライエントの方の心の中から浮かんできたことばが聞けた。琴線に触れる体験は涙が出ますね。私も体験しました。自分が日頃感じている事や体験も自由に話せて、聞いて頂けてうれしかったです。

デモセッションのワークがすばらしかったです。そこにあったのに忘れていた、感じられなくなっていた愛情が、本人の中に戻ってくる様子に感動しました。真剣におきかえるとパワーを使ってつかれましたが、とても楽しかったし、勉強になりました。

ペアワークをやる時間が十分にとれてよかった。ティム先生とよし子先生がまわってくださるので、心強くワークできた。ワークの先輩方がじゃんじゃんワークしているのを感じ、私も刺激うけました。頑張ります♫

手順が身につかないと、ワークをやりとげる事が負荷になってしまうが、とても良い練習と理解ができた。

【山口透さん】

置きかえ、奥が深いです。今日これてよかったです。でも、1つ1つの例を知ってゆくことやデモセッション、ペアワークを通して、経験からもだんだんと身につけてゆけるのかなーと思います。

事務局の方がいつもていねいに対応してくださったのがよかった。入門コース後、自分で練習してもうまくいかないことが多かったが、今回のワークショップを受けて、ようやく置き換えの仕方がわかった気がする。ティムさんとよし子さんの教え方はとてもわかりやすく、参加者の話を聞く時の姿勢にはいつもやさしさと愛が感じられた。

 

レベル2ワークショップ

2016年 1/24(日)「仕事、キャリア、お金 Ⅱ」

自分の価値感や生き方に直結するワークでした。"お金"や"仕事"を、私の本当に望む生き方を再考し、近づけていこうと思いました。

皆さんの前で初めてオープンワークをして頂いたのが、うれしかったです。ティムさんや、よし子さんや参加者の方にとても大切にして頂いているということがしみじみ伝わってくるワークでした。1人でやった時には、あそこまでできませんが、『途中まで来てるぞ』という実感はあり、それもうれしい発見でした。最後に「お別れ(帰ること)はさみしい気がするけど、おみやげをもらったのだからそれを日常でいかして、そのことをおみやげとしてまたここに持って参加したい」という旨の感想を述べましたが、私にとってC+Fのケイティ・ワークの場はコミュニティのようで、とても居心地がいいです。

 

レベル2ワークショップ

2016年 1/23(土)「仕事、キャリア、お金 I」

自分のビリーフが良く分かった。自分と異なる考えを素直に受け入れられるようになった。本当は様々な出来事があるのに、自分のビリーフを強化するような出来事にしか目を向けていない事が分かった。入門の時に比べてスムーズにワークができました。
シートに沿って淡々と質問された方が答えやすいことが分かりました。

無理だと思えるようなおきかえを助けてもらえて、新しい気付きを得ました。

この仕事というテーマは、共感する点が多かった。人のワークを見ていても、自分の過去のことを思い出したりした。気づきが多かった。

 

 

▼2015年

 

レベル3ワークショップ

2015年 12/12(土)「自分をジャッジする」

ずっと取り組みたいと思っていたテーマだったので、得られるものが多かったです。どんなにストレスフルな考えでも、自分を愛するため、自分を守るために生じていることに気づけて良かったです。

ケイティ・ワークを通じて今回もパーッと目の前が広がり、楽になった。このワークを続けることで、気がついたら夫婦ゲンカがなくなっていた。ペアを組んだ方ともたまたま似たようなテーマであり、より自分を整理することができた。

静けさの中から湧いてくる答えは優しいと思いました。

すでにわかっているつもりだったが、反復するたびに理解が深まり、実際の自分の行動に変化がおきていることに気づけた。

【布留川雅紀さん】

今日は念願の「自分をジャッジする」だったので、たくさんの発見がありました。本ではわからなかったところが具体的でよくわかったので、うれしかったです。これからも楽しみにしています。

ずっと自分をジャッジするワークを体験したいと思っていました。念願が叶い、そしてすばらしいプレゼントを頂きました。このテーマは何度でもやって頂きたいです。長年何とかしたかった、イヤな事が起こった(と思った)時のお腹のもやもや感が、実は私に、執着=ストレス=今を生きていない=思い込み=自分を苦しめている等の事を教えてくれるサイン、つまり私の味方で、私を守ってくれている存在だったことに気づきました。今までお腹のもやもや感は私を責め、ストレスを与える存在でこれさえなければどんなに幸せかと思ってきたのでした。今はストレスを感じる考えが浮かんだら(もやもやを感じる前や後であっても)深呼吸して問いかけをしています。もやもやを感じる時間が短くなってきたと思います。

頭で無理やりの自己納得になっていましたが、サポートしていただいて、すっきりしました。

やはり他の人とやるワークはとてもパワフルですね。楽しかったです。ワークは日常的にとりくんでいますが、一人だと最後までつづけられなかったりするので、集中してできる仲間と時間がありがたいです。本当に貴重な一日でした。帰ってから、とりくまなかった他のビリーフに苦しくなりましたが、とりくんだビリーフについてはやはり苦しさがうすらいでいて....。すごいですね。私は結婚するまで幸せになれない…を、私の考えは結婚するまで幸せになれない、とおきかえたのがパワフルでした。私の考えだけが、けっこう今幸せな私を不幸にしていたと気付きました。今の幸せにひたっていると、考えが、ほらほら、今お前は幸せじゃないんだぞとつついてくるようで。。。やっぱりすごいですね。

自分だけでは頭の中で空回りしそうなところを、ペアの相手がいたことにより、助けられました。

「自分をジャッジする」というテーマで何回か自分で取り組んでみようと思ったのですが、ジャッジメント・ワークシートがうまく書けなくて、うまくいきませんでした。今回は大人数にもかかわらず、ジャッジメント・ワークシートの書き方を個人的に指導していただいてとてもありがたく存じました。ワークの中でたくさんの気づきがあり、本当に参加してよかったと思います。

思いがけない考えに包まれ、心身がほどけました。

2日間でもいいな〜と思いました。自分をジャッジするのは、相手をジャッジすることとあまり変わりがないという実感でした。やり方が分かって、これから1人で取り組むことを考え、参加してよかったです。罪悪感の解消に役立てたいです。ペアワークは、様々な人とたくさん回数をするのがいいと感じています。組む相手によって、ワークで得られるものが違うこともあると感じているからです。相手がいてくれることで、探求が深まるので、ペアワークシステムは、とてもありがたいです。

 

レベル2ワークショップ

2015年 9/13(日)「効果的な質問のしかた」

職場の人間関係を扱いましたが、そこから見えて来た自分のビリーフは全て、亡くなった母との関係性につながっているという発見がありました。今の問題の奥にあるものが親とワークをする必要性を教えてくれました。

質問の言葉も大切だけど、ファシリテーターの、ワークにのぞむ態度、表情、言葉づかい、雰囲気、間がとても大切だと実感できました。

いつも場をホールドしてくださってありがとうございます。安心安全な場やふんい気がとても好きです。最後にティムさんのセッションのリクエストを受入れてくださってありがとうございました。♫

質問の持つ力の凄さを再確認できました。次回まで、1日1ワークに挑戦していきたいと思います。

入門ワークショップ以来久しぶりに参加して、1人でワークをしていて行き詰まってしまっていた感じが少しよくなったと思う。帰宅してからさっそくワークをやってみます。依存についてのバイロン・ケイティ・ワークショップがあったら面白いと思う。自分は飲酒などをやめるのに役に立ったので。

とてもワークの内容がわかりやすく、会場も駅近いので便利でした。お2人のワークとてもステキです!お2人と一緒に居るだけでとてもリラックスします。自分に立ち戻れる感じがします。

今回もとても良かったです。ペアワークではなかなか置き換えの具体例や理由が出てきませんでした。やっと出てきた理由を今回はもう少しじっくり帰宅後反すうしたり再考したりしようと思います。ティムさんのデモンストレーションはとても良かったです。

エニアグラムとコラボして考えると、本当に自分のビリーフにとりくめます。そのヒントワードをもらった気分です。今回も、思っていた以上にすばらしい気づきをえました。

デモンストレーションを拝見してワークの効果はよく分かりました。私個人は取り組む文章を作るのに苦労している段階で、そのこと自体も自己探求のきっかけになりそうです。怒りや不満がある場合は他人をジャッジする文章が作りやすいのですが、私が最もストレスに感じる、後悔や迷い、自己嫌悪、自己不全感、孤独感、不安の場合は、初めから「私は○○だ」という自己否定の考えが浮かんでいるので、他人をジャッジする文章をなかなか思いつけません。次の「自分をジャッジする」回でヒントがつかめることを期待しています。

【市川直子さん】

 

レベル2ワークショップ

2015年 9/12(土)「置き換え」

デモが印象的でした。今まで受講してきたデモで恋愛がテーマになっているものが初めてだったからかも知れません。改めて、理性と感情でゆれている時、ケイティワークは効果的なのがよくわかりました。ケイティ・ワークに参加する時は、いつも人間関係でホットな問題がある時のような気がします。久しぶりの参加でしたが、いつもの安心安全な空間でワークが出来てホっとしています。

自分のコアなビリーフを確認できたし、いかに自分が犠牲者・被害者でいる方が楽であるか気づかせて頂いた。2回目の参加でしたが、ティムさんよしこさんの暖かいエネルギーに包まれたハッピーなワークショップでした。

セッションは辛かったけど、乗り越えられた時の可能性に期待したいと思いました。

【森田和恵さん】

置き換えの説明がわかりやすく、今後に活かせます。

よし子さんのエピソードが受講者の目線にマッチしていて、とてもわかりやすい。

 

レベル2ワークショップ

2015年 1/25(日)「仕事、キャリア、お金 Ⅱ」

起こっている「事実」と、その事によって生まれる自分の「考え」を分けて捉えることで、ひらめきが生まれたり、よりリラックスできるようになると、感じました。

【宮田純男さん】

お金/仕事とも、日常に根づいた問題に取り組めたのがよかったです。また、共通のテーマを扱うことで、参加者の気づきを通してたくさん学ぶことが出来ました。

テーマ設定をしていただいたおかげで、普段自分が取り組まないテーマに取り組むことができ、よかったです。また、お金、仕事についての考えが、自分の人間関係の難しさに影響していることが、判りました。

ペアワークの中で、自分達の作品の豊かさを再確認する事が出来ました。

【鈴木洋子さん】

 

レベル2ワークショップ

2015年 1/24(土)「仕事、キャリア、お金 I」

初めて前に出て、自分の中でも劇的(思っていなかった)なことが置き換えで出てきて、おどろきました。とても良かったです。

仕事に対してのジャッジメントシートをかきながら最初モヤモヤしていました。批判しているかどうかもはっきりしないまま書き上げ、ワークを行った後、自分がいかに自他に対し批判的であったかに気付かされ、驚きました。体も軽くなり、物の見え方までも明るく変化しました。

自分にとって今大事なテーマなので、1月という今年の初めに受講できて良かったです。また、ペアワークの際に、少し困った雰囲気を出していたら、すぐにティムさんがヘルプに入って下さって有り難かったです。

【中村文香さん】

仕事の人間関係の問題で悩んでいたことに、幾つかの置き換えが自分の中に深くひびきました。対応のまずさを改善してもらうために、どういうアプローチをすればいいかという作為的なものに気を取られていて、相手を尊重すること、自分が相手に望んでいることを自分は相手にあたえていなかったことに気づきました。週明けに話し合うことになっていて、タイムリーにこの気づきを得られたことに感謝しています。

自由に幸せに執着しないということはどういうことか、感じることができた。
お二人のかけあいが楽しかったです。よし子さんがご自分の体験を具体的にお話して下さったことがうれしかったです。思うがまま、自由に発言し、ワークにも参加できました。

自分にとって嫌な感情もワークのチャンスなんだということがとても腹に落ちました。すべてのことには意味があり、意味がない。

 

 

▼2014年

アドバンス・ワークショップ

2014年 3/29(土)「自分をジャッジする」

これまでにも「自分についての考え」はワークをしていましたが、自己納得的な答えになりやすく、ひとりでワークを深めるのには少し難しさを感じていました。今回の、ワークシートをフルに使って自分自身についての考えをみつけていくという体験ははじめてだったので、とても新鮮でこれからのワークに取り組む幅が広がったように感じます。

 

また、ティムさんのお話で、「否定的な考え」だけではなく、「肯定的な考え」もまたストレスになるということ、「いい、悪い」の2極に挟まれた自分を解放するというお話など学び深いもので、お話の中からケイティさんの考える現実や世界観のようなものが、よりリアルに感じられました。また、自分についての考えをワークすることで、改めて自分以外の相手をワークして自分に置き換えることのパワフルさと重要さを確認できました。ワークをはじめたばかりのときには、相手をワークすることが自分を理解することの近道なのかもしれません。

 

そして、「内的な批判者」のような自分を責める内的な声が強いタイプの人には(自分がそうですが)、自分についてのワークは学んでおくと心強い、価値のあるものになるのではないかと思います。

【落合拓人さん】

多くのことに気づけました。本来自由なはずなのに、自分が決めつけていることに。

自分の考えによって、いかに視野が狭くなっているかに気づくことができ、力が抜けました。

まず、「自分をジャッジする」のは最初のうちはやらない方が良いと言われていたので、まだ初心者の自分には早いものかもしれないが、興味あるワークだったので良かった。

自分自身をジャッジするのは恐かったのですが、穏やかな雰囲気の中、ペアの相手もいて下さったおかげで、オープンマインドで探求することができました。

以前からやりたかった、自分をジャッジするという大きな課題に取り組むことができ、よかったです。

Excellent! You are the best!

 

 

▼2013年

1日ワークショップ 2013年 11/23(土)「仕事、キャリア、お金」

全てにおいて、親切で丁寧なサポートをいただきました。今回のワークのテーマに「お金」が入っていたので、とても不安で参加しました。ものごころついた時から、私の持つ「お金」のイメージはとても不健全なもので、「お金」に振り回される人生だったと思います。ワークを通じて私の口からは何度も"自由"という言葉が出、自分でも思っている以上に「お金」のロープでしばりつけられている事が確認できたと同時に、開放に向い始めたことがわかりました。深いところで平安を感じています。

【金子淑江さん】

テーマを絞っていただいたので、いつもより深い気づきが得られたと思います。

今までいろいろなワークショップを遍歴して来たのは、どうしようもない心から何とか解放されたい、消せるものなら消してしまいたい、すっきりさっぱりしたいという願いをもっていた。過去を否定し、まっさらになりたいと思っていたが、最近やっと、何があってもOK、「今ここに」あることを十分に感じられる瞬間、時間が増えて来たような気がします。

 

1日ワークショップ 2013年 7/6(土)

バイロン・ケイティ・ワークのパワーをあらためて実感しました。良い気付きがたくさんありました。ファシリテートしていただける有難さもあらためて感じました。

(よかった点について)実際にワークをやっての気づきが多かったこと。1人で行うワークでは限界があり、ペアワークで新たな気づきが得られたこと。1人で行っているとどうしても自分のフィルターで無意識のうちに見てしまっているように感じました。新たな気づきが発見できて、更に自己探究が深まって良かったです。

【寺石義和さん】

水面下のビリーフについて取り組めて勉強になりました。毎回素晴らしい気づきを体感させてもらっています。ワークの学びの場がティムさんとよしこさんであることに心から感謝します。

【長浜直子さん】

ゆったりとワークを深めることができました。

 

1日ワークショップ 2013年 4/13(土)

ワークをたくさんできて、大きな気づきがあったことが良かったです。自分の新しい事実が見れたことがよかったです。

【山田淳さん】

どのワークでも感じますが、クライアントが気付いた時にパチンと何かがはじけるような感じがして、その場に一緒に居られる事が幸福と思います。
全てのことがとても親切だと思いました。ワークの内容もとてもよかったです。自分の中でこだわりを手放すことができました。

 

1日ワークショップ〜アドバンス「仕事、キャリア、お金」 2013年 11/24(日)

同じバイロンワークなのに、毎回切り口や手法が変っていて、とても楽しめました。楽しみ+深みのあるワークができて、とても良かったです。お金は色々なものを投影していて、おどろきました。バイロンケイティさんの言わんとしている世界をいつもていねいに教えて下さって、ありがとうございます。バイロンケイティワークが愛のワークだということを伝えて下さって、ありがとうございました。

【石井睦子さん】

思いもかけない気づきが今日もたくさんありました。グループワーク、又 大勢でのワークの良さも実感しました。いつも期待以上の満足感を持ちます。

【金子淑江さん】

深い気づきが、多くの場面であり、とても充実した時間を持てました。ティムさんとよしこさんの、大きな優しさと自由な愛に、終始包まれている感覚があり、安全と安心の空間を作り出して下さっていました。内容の豊かなセミナーをありがとうございます。

【鈴木洋子さん】

予定調和でうまくまとめようとする日常的動きをやさしく解放するところが、このワークのいちばん信頼できるところです。

【棟方あさのさん】

佳く構成されたプログラムだと思いました。ケイティ・ワークの批判は、水面下のビリーフを考慮しての設定、お金のことを母親に置き換えるところは素晴しいです。

【高橋伸生さん】

お金に対してのワークだったが、自分の根源的テーマにとりくむことができた。「お金」はモノなので、余計な感情(相手の立場や思い、自分の感情)にふりまわされず、探求することができた。

前日ともに参加させていただきましたが、強力なサポートをいただいて、しっかりとビリーフにとり組むことが出来ました。ケイティワークへのとり組み方も少し分ってきました。

経験者の方たちがそろって、レベルの高い学びができたと思います。お金についてを「母」に置きかえるワーク、失敗する理由(について)のワークは初めて知りましたが、すごいですね。ぜひ活用したいと思います。継続して学ぶことの意義を深く感じ、ますますワークが好きになりました。デモセッションをやらせていただいたのも、よい体験になりました。

いろいろな可能性をみいだせることが楽しかった。今後、自分をみつめて、エニア(編注:エニアグラム)を含めて、学んでいきたい。自分で実践して、感じて、失敗をたくさんしていきたい。失敗してもよい場であると感じ、安心をもって対応していける。

ポップコーン(編注:スタイルのワーク)、良かったです。仕事に使えるワークも良かった。深く入れました。

 

1日ワークショップ〜アドバンス「効果的な質問のしかた」 2013年 7/7(日)

毎回思うのですが、シンプルな質問で大きな気付きがあるので、おどろきです。ファシリテート側もやってて気持ち良いですね。

(よかった点)更に深める質問やワークへの姿勢(あり方)等、大切なことが学べて良かった。クライアントとファシリテーターが共に探求することで、クリエイティブで、パワフルなワークになると実感しました。

ケイティワークに出会って、自己ワークやセッションを重ねる中で、今回初めて先に進みたくない!という抵抗に出会いました。ティムさんよしこさん、クラスのみんなとの関わりの中で新たな気づきがあって、より深いところで自分と向かいあって先に進むことができ、発見と驚きの1日でした。

【吉澤ゆかさん】

今回もペアワークができて、とても深い気づきがありました。質問の質が鍵だと改めて実感しました。

【寺石義和さん】

全員で1つの考えにとりくむグループワークは、やってみたいことだったので体験できてよかったです。1人ワークではなかなか得られない気づきをペアワークで得られ、またどのような時に自分や他人との関係が悪くなるのか、エニアグラムのタイプから自分なりに気づけたことがとても大きかったです。

【長浜直子さん】

ワークは自分の自由と平和の為にやるという事を強く感じました。ファシリテートする時、ニュートラルに、相手と一緒に探究したという充実感がありました。
ティムさんとよし子さんのオープンなふん囲気が心地良かったです。ファシリテートしている時でさえ、自分にとってのワークなんだと実感しました。

 

1日ワークショップ〜アドバンス「置き換え」 2013年 4/14(日)

アドバンスレベルまで継続的に学ばれている人たちばかりで安心できる場でした。2日連続の2日目ということで、深い場が用意されていたと思います。質問(参加者から)の内容も非常に実践的で役に立つものでした。時間の配分がとてもスムーズで、よゆうをもってやれたと感じました。
2日連続だと、理解が更に深まりました。人数も10~12人程度だと更に濃密な時間がすごせました。皆さんのエネルギーがとてもパワフルで、充実していました。1人では体験できない、言葉では表せない気づきを得たように感じます。
ワークは自分のため/本当の自分に出会うためだということが、実感できました。今は心もほかほかしていてボーッとしています。ワークを続けることがとても楽しみです。

ストレスを感じている相手にさえも、相手との関係をきらずに、愛情、信頼、きずなを持ち続けている自分に気づいた。自分にとって良い関係である相手が望ましいけれど、思い通りにいかない相手も自分の中にある気づいていない感情を見つめさせてくれる感謝すべきである存在であると思います。感謝!

【高橋伸生さん】

ワークはやってみなくてはわからないし、予定調和にならないところが魅力です。やる前はどうなることかと思っていましたが、静けさを自然にとりもどせて、もともと自分がニュートラルな存在だと認められました。

【棟方あさのさん】

ティムさんとよし子さんの絶妙なコンビネーションが最高でした。ティムさんの太陽が西から登っても道は内側にあるというお話は、深いところへ響きました。

【石井睦子さん】

取り組んだワークについて気付きを広げることが出来た。
とても深く入って行けました。

 

 

▼2012年

1日ワークショップ 2012年10月「仕事、キャリア、お金」

お金に対して自分がどのような考えをもっているのかを確認できてとても良かった。ペアワークの後、とてもやわらいだ気分になり、とても気持ち良く1日を終了できたことに感謝しています。
続けていることにより、どんどんピュアになっているのがとても気持ちがいいし、楽しいです。いろいろ参加してみたいと思っています。
シンプルだけど、すばらしい気付きがありました。

1日ワークショップ 2012年7月

デモンストレーションの方の表情や雰囲気が変化してゆく様子がすばらしかった。自分の考え、思いこみが自分を苦しめているということが実感できました。「現実」は変わらなくていい。ただ自分がとらわれから開放されればいいということ。ティムさんとよしこさんのピンポイントの質問はすばらしいと感じます。主導は相手にありつつ導きだせる質問、的を得て外さない感じがすごいです。
ファシリテーターとしてのスキルについて考えることができました。私の苦しい思いこみを一言でよし子さんに解放し、気づきをいただいて、感謝でした。自分もセラピストとしての一歩が、考えすぎによってふみ出せないでいたので、Aさん(原文ではニックネーム)のセッションはとてもよいタイミングでした。
自分の中の疑問点に答えが見つかった。ワークしたことによって、新しい気持ちで仕事に臨める。
少人数だったので、よりじっくりとワークに取り組むことができて、ラッキーでした。ワーク中のよしこ先生のサポートの言葉がすばらしかった。ティム先生はいつも楽しくてリラックスします。
デモンストレーションやペアワークで十分にフォローしていただけて、個人的にはとても実りの多いワークショップでした。

1日ワークショップ 2012年1月

ケイティワークの効果は、以前はやや思考の変容やポジティブシンキングと思っていたが、根本的な気づきが生じることが腑に落ちた。

【中川紀篤さん】

非常に深いところ迄、変化が起きることに驚きました。簡単な4つの言葉でこれ程の内的気づきや変化が起きることは驚きであり、続けて行きたいと思いました。安心して取り組めました。
実際にペアワークを組んで行うことで、自分でも知らなかった面を知り、かつ、隠れた誤った信念を手放すことができ、楽になりました。ありがとうございました。
講師お二人の温かくやわらかい雰囲気に、リラックスして参加することができました。新しいものの見方を得られ、思ってもみなかったような体験ができて本当に新鮮でした。自分の"考え"というものが、どれだけ自分を苦しくしているか、ということが良くわかりました。参加して本当によかったです!
ジャッジメントシートのペアワークがほんとにとても楽しかった。ばく笑していました。
とてもスッキリして素の自分になった気がしました。相手の苦しみを自分の苦しみにしていたこと、苦しみをつくり出していることに気付きました。口に出すことでこんなにスッキリするんだった…とひさしぶりに感じ、うれしくなりました。取り組みたい考えがたくさん出てくる気がします。何度も取り組むことで、ストッパーになっているものを見つけていきたいと感じています。こわがっていたのがウソのようです。とてもよい体験でした。
自分のくせ(思考)がわかったような気がしました。

1日ワークショップ〜アドバンス「仕事、キャリア、お金」 2012年10月

お金がこんなに「自分を守るもの」として思いこんでいた対象だったことに驚きました。自分を守ってくれるものへの思いの強さとそこへのとりくみに対するワークのパワフルさを感じました。

【棟方あさのさん】

ワークショップの雰囲気含め、すごく心地良くてリセットされました。また、新たな気持ちでワークに取り組めそうです。いかに自分で自分をしばっているか・・・良く体験でき、自分の中から答えが出てくるのに感動しました。
今日のワークの中で、自殺の話が出てきて、私の身内にもそうなった人がいて、ティムさんとよし子さんの優しい言葉が染みました。自分でもワークしてみようと思いました。
テーマごとにやるのはとてもパワフルだと思いました。いろいろなパターンで使えると感じました。お金についてのワークは目からうろこの体験ができました。
時間や人数的にもちょうどよかったと思います。いつもお茶やコーヒーもあり、リラックスしてワークできる環境がよかったです。
テーマについての掘り下げがとても良かった。ワークをどのように活用していけるかもとても参考になったとともに、考えをクリアにすることでもっと幅が広がると感じられたことがうれしかった。
会議で使えると思いました。

1日ワークショップ〜アドバンス「効果的な質問のしかた」 2012年7月

自分で解釈をして、わかっていたようなつもりになっていても、きちんと紙に書いて、ていねいにワークをすると、たくさんの「かたまり」を心に持っていることがわかり、それと仲良くなり、ほどいて、解放してあげられることができるので、やはり、素敵なワークだなあ・・・と再確認です。どんな小さなこともシートで書いて、解放したいと思います。ぜひ続けて、いけるところまでケイティ・ワークを極めたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。ティムさんもよし子さんもすばらしい講師です。おふたりがタイプがちがうようなので、それがとても素敵なリズムになって感じます。
質問のもつ力を実感しました。素直に感じたままに口に出して答えてみることで、深い部分にあるビリーフにたどりつけました。ビリーフは心に戻りたいから、気づくために出てくるということばが心に残りました。余裕をもって質問が出来るように、ワークを続けてみたいです。今回は時間をかけてワークをしていただける機会を得て、全てにタイミングがあるのだなあと感じ、できるだけ信じてみようと思いました。
ティムのデモンストレーションが参考になりました。上級的な内容もあったが、説明がわかりやすかったです。時間的にも余裕がありました。参加者のみなさんもチャレンジなとりくみをしていました。
自分でワークが出来る時間が良かった。
土・日と2日続けて開催されるのは、都合が良い。遠くから参加しているので助かっています。ポップコーン方式を体験できたことも良い経験でした。

1日ワークショップ〜アドバンス「置き換え」 2012年1月

おきかえに集中してとりくめました。シンプルな中に、はっとする気づきがあってよかったです。言語化できないことを対象にできることは驚きでした。

【棟方あさのさん】

難しかった置き換えの要領、ヒントなどが分り、やり易くなりました。デモンストレーションで自分の無価値感から始めたものが、父にとって自分が価値がある存在だということに気が付き、良かったです。ペアワークも思いがけない自分の考えが置き換えにより分り、日常的にも役に立ちます。
素直に質問に答えるほど、開放されたという感じが大きいと思いました。置き換えをすることにより、表面にあらわれていない部分を思い出し、感じることができたというのは、とても良い体験となりました。続けていきたいと感じています。
ティムさん、よし子さんのオープンなやさしさが居心地よかったです。自分の心を深く知るきっかけになりました。これからも続けていきたいと思います。

 

 

▼2011年

1日ワークショップ「対人関係」 2011年7月

ひとことひとことが、心にしみました。自分の領域に帰る感覚がつかめました。
1日は初めてでしたが、やはり、1日あると深められると実感しました。やってみて、効果を体感しました。
自分の内面に時間をかけて見ようとするところが良かったです。
もっとワークの時間がほしかったですが、短時間で気づきがありました。また明日からがんばれそうです。
今回出席して、質問の意味が何なのかつかめた気がします。
パートナーを組んでやれたのがよかったです。
ティムさんと高岡さんのトークのバランスが最高

1日ワークショップ〜アドバンス 2011年9月

経験者ばかりの集まりだったため、ワークについてのよりつっこんだ説明を聞くと共に、じっくり取り組むことができてよかったです。
自分のとらわれを考えるよい機会となった。声を出すこと、相手と一緒に考えること、自分のテーマを分かちあうには、とてもよい場でした。

参加メンバーはワークのやり方はわかっているという前提で、個人セッションのデモとジャッジメント・ワークシートのフルコースを中心にするとよいと思いました。ファシリテーターの直観やその場に自由にいるということにそばでふれられてよかったです。

【棟方あさのさん】

公開セッションで、クライアントの変化する様子を観察できてよかった。「ザ・ワーク」がとても科学的だし、現実の生活に即したものだということが、改めて分かった。グループワークの相手の方が、ご自身の言葉で表現したり、想像で「こういうことですか?」みたく、半分決めつけのようにリードされることが多く、あまり集中できなかった。結果、さほど効果を感じなかった。逆に、相手をありのままうけとめる、相手の領域に立ち入らないで熱心に見守る態度も大切だと学ぶことができた。

<C+Fからのコメント>
ワークショップの中でもご説明したのですが、ペアワークの最中、ファシリテーター役の方に進め方について要望がある場合は、その場でお伝えいただくことができます。ご自身が気持ちよくワークができるようにしていただければと思います。相手の方には言いにくいかもしれませんが、「学びの場」として、お互いを尊重しながら、率直にいえるような場づくりを進めていければと願っています。

 

1日ワークショップ「仕事、キャリア、お金」 2011年10月

非常にシンプルで、日常的にとりくめるワークで、とても素敵なツールをいただいた気分です。すごく希望を抱いています。

【八重樫信子さん】

自分に置き換える所が非常に深くて、自分の内面をみるいいキッカケになってよかった。謙虚になれました。

【石田直さん】

ワークは自分の探求を人と協力し、おたがいの力を活用してできることを実感できました。

【棟方あさのさん】

ワークの時間が確保されていて良かった。すごく学びが深いセミナーでした。
ペアワークがとても楽しかった。ペアワークの時間を増やして欲しい。人の話をきいていても気づくことが多々あった。
デモンストレーションや説明も大事ですが、やはりペアワークでの実践が非常に良かったです。自分の中に答えがあるという大事な発見がありました。
置き換えで自分の否定的な面をファシリテータ役に指摘され、良かったです。具体的な進め方について細かい点などの要領が、本だけでは良く分らなかったことが分って良かったです。

ペアワークをした時に、相手が「同僚が誠実である」と感じられた理由を引き出せたのがよかった。

【角英史さん】

ペアワークの相手は、自分にとってもとり組むべき重要なテーマを持つ方でした。不思議です。
今回は“人”でないテーマ(対象)に取り組めたので、また以前の人に向かうワークとは異なる形で自分を発見しました。ワークの最中、また「強く」あろうとする自分に出会って、笑ってしまいました。
効果があると思いました。本質的ですね。作業フローの説明がもう少しわかりやすくなるといいと思いました。
「自己批判は探求をとめてしまう」という言葉がしっくりきました。

 

 

▼2010年

1日ワークショップ「対人関係」 2010年3月

ケイティの本だけではつかめなかったものが、実際に体感することができてよかったです。ただ、日々、この学んだものを実践していかないと身につかないと思いました。今後も継続してワークショップに参加して、このワークを体得したいと思いました。

【楠生晃士さん】

3つの領域(私、あなた、神)はとてもシンプルな考え方ですが、これを正しく認識することによってまずストレスは半減するという実感があります。また、バイロン・ケイティ・ワークは、シンプルな方法でありながら本人の力による自己成長(変容)をサポートするとても素晴らしいシステムだと思いました。次回の1日ワークショップも参加したいと思っています。

【白石菜穂子さん】

ワークを実施することで、自分が隠していた内なる答えやイメージが冷静に探求する事が出来ました。

ワークを実際にやってみて感じた事は、結果も重要ですが途中経過でのプロセスがとても大切!!

自分自身のこだわりや囚われを掘り起こせ目から鱗、自分の新しい扉をオープンにすること(=探求)の方が楽しく感じられました。

自分の嫌な部分や隠したい部分を逃げずにさらけ出し、勇気と安心感を持つことで冷静に見ることが出来ました。

そして、自分を幸せにするには自分自身が責任があることを教えて頂き、感激して涙がでました。

 

 自分に厳しかったな〜

 自分に素直でなかったな〜

 自分に優しくなかったな〜

 

いかに当たり前のことに対して(人・物・事柄などなど・・・・)傲慢で思い上がっていたのか気付けました。

だから、心も身体も今まで緊張して固くなっていたことが相手にも伝播したのでしょうね?

不平不満や上手くいかないことは幸せの1歩前!宝の山!!

幸せへの準備期間だと思っていた事は間違えではなかったと自信にも繋がりました。

今まで染み付いていた人生のアクを落とすのは容易い事ではないと思います。

頭では理解できても心(気持ち)の癖が直ぐに治すのは難しいので、これからはバイロン・ケイティとエニグラムを取り入れながら 自分の幸せのために気持ちよく素直に出来る事から始めて行きます!!

不思議なことにワークの対象にした相手から帰ってすぐに電話がありまして、お互いなんとなく和やかな雰囲気になりました。こんなに変化が目に見える場合もあるのですね。確かなことは、私は私の心の宇宙の中心であり、全ての問題はその私自身から発生し、始発点も終着点もこの私である事に変りはないということです。仏教ではこの道理を「一心法界」と称しています。一心すなわち法界なのです。要するに問題は全て自身の心中にあると言っても良いのでしょう。それに気づき納得できないとなかなか心の成長は進んでいかないように思います。その事を踏まえたうえで今後ケイティワークに臨みたいと思います。
シンプルでわかりやすい。視点を簡単に変えることができ、いろんな選択肢が思い浮かびました。また、気づきが深まったと思います。
領域に関するエクササイズが今回面白かったです。時間配分もちょうどよく、沢山学べて、あわただしくもなく良かったです。人間関係というテーマは、参加前にはピンときていなかったのですが、ワークの結果、とても新鮮な気づきがあり、参加して良かったと思いました。ティムさん、よし子さんの実際のワーク体験談はとても面白いです。
具体的なワークの手法が学べてよかったです。対人関係のストレスと仕事のストレスは実は同じところから来ているということが何となく分かりました。次はこのあたりを探ってみたいです。
午後から行ったワークのやり方が参考になった。会場も適当な広さで良かった。その他も良かったと思う。

1日ワークショップ「仕事、キャリア、お金」 2010年7月

自分の不安や恐れのもとが明確になり、心が落ち着きました。

ワークに対する理解が深まり、よかったです。

影ばかり見ていて、こんなに光がさしていたのかとあらためて気付く思い。しがみついていた考えを手放すことは、自分(のアイデンティティー)が喪失する恐さを感じたが、それを越えると、より広く、明確なヴィジョンが見えてくる。

何であんな事するんだろうと思っていたが、相手に対して、自分が今まで考えてなかった以上の思いで、相手をみれたのでとてもよかったです。

自分の自己納得の理由としてあげていることを見直すことができた。

1日ワークショップ11月「体、生きること」 2010年11月

よかったと思います。宇宙がよりフレンドリーになりました♪

【池田信子さん】

考えを固定することのほうが安定につながるという思い込みを持ちがちですが、実際は、考えの幅を広げることのほうが安定につながることを体験しました。

あたたかいふんいきの中、リラックスしながらワークできてよかった。

自分の課題にとりくんで、よい効果を感じられた。また、3番目の質問が苦手、つまり、そう考えることによって物事をコントロー ルしようとするので、ポジティヴな答えがでてしまうのですが、「そう考えてできなかったとき」を想像することで、3番目の質問 に答えることができることが、わかりました。それから、「宇宙がフレンドリーなところだったら」と考えることが、ヒントになることもわかりました。

 

 

 

▼2009年以前の感想

優しい穏やかな雰囲気に癒されました。頭の中でぐるぐる考えていきづまっていたことが整理されました。ありがとうございました。

絶対に許せない!と思っていた人をすでに許していたんだとの気づきを得ました。それは同時に自分自身を許すというプロセスでもありました。

自然な、無理のない内容で、リラックスしつつ、深いところにも届く充実したものでした。

ワークについては、名前だけは1年以上前から知っていたのですが、私の場合、かつて認知療法をやってうまくいかなかった経験があったので、それと一見似ているワークを行うことには強い抵抗感があり、これまではやったことがありませんでした。ところが、今回実際にやってみて、その効果のすさまじさにびっくりしてしまいました。

今後、職場だけでなく、刑務所、学校といった様々なところでワークが教えられるようになることを望みたいと思います。

本当に素晴らしい経験をさせていただきました。ありがとうございました。

ワークは、質問項目が決められていて枠のしっかりした手法で安心して取り組むことができました。ジャッジメント・ワークシートの5の置き換えは実際にやってみると身にしみて笑ってしまいますね。それから、ケイティさんのワークは、アルバート・エリスの論理療法によく似ています。エリスは心理療法の大家ですが、ケイティさんはご自分の抜き差しならぬ体験からこの方法を搾り出したのは凄いと思います。私の主観的でごく大雑把な印象では、エリスはヘッドをよく使わせ、ケイティさんはボディやハートをより活用するような感じです。いずれも両者の比較の上での感想ですが(エリスも他のセラピストと同様、身体レベルで理解することを本当の洞察であると考えています)。

 

 

ホーム個人・一般向けプログラム概要参加者の声バイロン・ケイティ・ワーク


druckversion印刷用 | サイトマップ
© C+F Institute. All rights reserved.