エニアグラム月例ワークショップ

こころのダイナミズム2 〜3つの本能

2018年 5/26(土)東京 ▼ スケジュールはこちら

 

 

仕事や人間関係、人生の選択に大きな影響を与える『本能』という
考え方について学びます

9つの性格タイプについての考え方とは別に、エニアグラムが重要な貢献をしている分野があります。それは「本能」です。

 

人を深いところでつき動かし、人間関係や仕事、人生の方向性に大きな影響を与える本能の働きを理解することが大変重要です。 エニアグラムでは、「自己保存的」・「性的」・「社会的」の3種類の本能があると考えます。

誰もがこの3つの本能すべてをもっているとはいえ、どの本能を優先的にもっているかによって、その人の世界観や価値観、仕事における適性や対人関係における相性などが大きく左右されます。


また、同じタイプでも、優先する本能の違いによって、性格の特徴が現れる領域が 異なります。 そして、一番低い本能は盲点として、自分の苦手な領域となり、可能性を制限する人生上の大きな課題となります。


この3つの本能について知ることにより、自己理解や他者理解が飛躍的に進みます。また、自分が過剰にやり過ぎる領域、逆に苦手な領域に気づき、克服することで、バランスがよくなり、可能性を広げることができます。

 

9つのタイプと並びに重要な考え方ですので、ぜひお勧めします。

 

このワークショップでは、パネル方式で3つのグループ毎にインタビューやディスカッションを行ったり、本能の優先順位についての判別テストも活用します。

 

今回のワークショップの内容は、次のようになっています。

 

・本能の意味(成り立ち、性格との関連、人生に与える影響)
・「自己保存的」・「性的」・「社会的」という3種類の本能を探求するエクササイズ
・仕事の適性、人間関係の相性
・3つのグループ毎のパネル、グループ・ディスカッション
・3つの本能の判別テスト

 

▼3つの本能についての詳しい説明はこちら

 ー 社会的本能

 ー 自己保存的本能

 ー 性的本能

 

 

講座の一部をご紹介

「3つの本能」は、人生に与える影響が大きく、9つのタイプと並びに重要な考え方です。
本能の原点は生存本能ですが、人によって、3つの内、どれかが自分にとって優先する
ものであり、どれかが盲点となって、後回しになりやすいのです。そのため、苦手意識に
悩まされがちです。

 

自分の性格タイプの特徴が現れるのは、優先する本能の領域です。

たとえば同じタイプ1<改善する人>でも、社会的本能が優勢するのであれば、現状を改革するような活動にエネルギーを注ぎますが、自己保存的タイプ1であれば、家の中を完璧に掃除することが大切かもしれません。性的タイプ1であれば、自分のパートナーに対して、高い基準を期待します。

ストレス状態においては、自分にとって優先する本能によりしがみつきます。
そのため、社会的本能が優勢であり、自己保存的本能が盲点であれば、本当は心身のケアをしなければいけないのに、人とのつき合いを優先しがちかもしれません。

 

 

 

スケジュール

東京   2018年 5/26(土)
場所   都内を予定(決まり次第掲載します)
時間   10:00 〜 17:00
参加費   一般=12,000円(税込)
C+Fエニアグラム トレーニングを修了された方=6,000円(税込)
定員   30名程度
講師  

ティム・マクリーン(米国エニアグラム研究所公認講師) 
高岡よし子(米国エニアグラム研究所認定ファシリテーター)

  ▼ 例えば、以下のような方々にご参加いただいています。


druckversion印刷用 | サイトマップ
© C+F Institute. All rights reserved.