参加者の声

バイロン・ケイティ・ワーク入門ワークショップ

 

2015年  ▼ 2014年  ▼ 2013年 ▼ 2012年

 

2016年

▼ 2016年8月6日(土)〜 7日(日)

約1年前にワークに出会ってから、何度もジャッジメント・ワークシートで取り組んだ相手は自分の母親でした。子供の時の傷ついた(と思った)いろいろな出来事を何十年もずっと根に持っていて、それについてワークをしておりました。場面や状況を特定してということでしたので、一つ一つ取り組んでいたら一体いつ終わるのだろう、と思ったこともありました。ところがしばらくぶりにワークシートを書こうとしましたら、驚いたことに母に対してジャッジする事柄が何も思い浮かびません。私もやっといくらかは母の立場や事情が頭ではなく心で理解できるようになり、いつのまにか恨んでいた気持ちが消え、もう過去のことなどどうでもよいと思えるようになっていたのです。改めて「ワークはすごい!」と実感いたしました。

素晴らしかったです。感動の連続でした。今まで体験したことのないことばかりでした。
心地よい環境と受講者への思いやり、心使いに感謝します。

バイロン・ケイティの著作を読んで、自分なりにワークに取り組んできましたが、今回、受講させていただき、より深くバイロン・ケイティの思想を理解することができました。実際に、セッションを受けたり、ペアワークに取り組んだりして、自分の感情や思考を客観的に見つめ、整理することができました。いかに自分が他人の領域に入ろうとしていたかがはっきりと分かりました。また、ペアワークで相手の話を聴くということも、とても意義のある体験でした。セッションを見ていて、質問に答えているクライアントの表情や姿勢が、どんどん変化していることにも驚きました。受講後、帰宅時には、心が軽くなるということを、心から体感することができました。エニアグラムと合わせて、これからも学びと自己探求を深め、実践していきたいと思います。

本当に2日間、ありがとうございました。安心できる環境の中でじっくりと学ぶことができました。「ワーク」は自分の言葉が自分を変える力をまざまざと体感できるびっくりする方法でした。本では分からなかったことが実践するとやはりよく分かり、ワークショップで参加者同士で練習したときもすぐにすごい変容が起こりました。とても静かなのに変容がダイナミックすぎて驚きです!何もかも自分、内側にあると思い知らされました。どんだけ私たちは外側、他者ばっかり見ているのでしょう。世の中は思っているより優しい。。。そして、自分は思っているよりも素晴らしい。と気づかせてくれるワークでした。苦しめているのは自分の解釈だけ。思考だけ。不幸はその考えにある。(→でも責めなくていい。無垢から来ている自然の現象)私たちが信じ込んでいるものによって不幸にも幸福にもなり得る♪私たちってどれだけ相手を裁き、自分を裁いているんだろう、と気づきました。心を閉ざすことで自分で苦しい現実を創り出しているってことが実感できて、自分でも思ってもみなかった展開になるから面白い!単にネガティブをポジティブにしようとか、潜在意識を変えるとか、そういった苦しみの元を書き換えるような現実逃避的なことではなく、ただシンプルに自分の本当の想いに気づけばいいだけ。外側ではなく、内側にフォーカスする。「自分のコップの水が足りないのに誰かに水を上げて助けることはできない」というTimさんの言葉は真をついてますね。参加者は一般の方が多かったですが、これは特にセラピストさんに必要なツールかもしれません。誰かを助けるツールじゃなくて、自分に向き合うツール。。。そして本当の愛を見つけられる、愛おしい自分に出逢える方法でした。これからたくさんワークしてもっと深めていきたいと思いました!人間すべての人に通じる素晴らしい方法です^^

【長浜公恵さん】

The Workのシンプルなステップですが、パワフルな内容が素晴らしかったです。オープンでアットホームな空気がとても良かったです。

【黒田俊介さん】

他の参加者の方にも助けられて、良い体験が出来ました。意外と"楽しい"もので、また続けていきたいと思っています。

自分で発見することができた。

本を読んでいない私でもワークをすることができました。これから深めていきたいと思っています。心おだやかに参加できました。

1日1日の時間配分が無理なく、お茶の時間や懇親会もとてもよかったです。ペアワーク、デモワークも自分にとってとっても効果的でした。ランチの時間のティムさん、よし子さんとのおしゃべりで、愛する人との死についての思いを聞かせて頂けたことも私にとって大きかったです。お陰様で今年のお盆は、悲しくて苦しいだけでなく、去年亡くなった母とあたたかい気持で接することができました。あらためてティムさん、よし子さんに深い感謝の気持でいっぱいです。今回のワークショップへの参加は、自分の魂への大きなプレゼントでした。あせらずに日々ワークを重ねて、少しづつクリアな目で現実を見られるようになっていければと思っています。

【田中希代子さん】

 

▼ 2016年5月14日(土)〜 15日(日)

どのセッションでも気づきがあり、ワークのやり方もだいぶわかった。ワークがパワフルでびっくりしました。教師をしているので、学生の役に立てばと思って来ましたが、まずは自分でとりくんで経験を積みたいと思いました。

ワークは本で読んで、「ふ〜ん」という軽い感じで行ったのですが、ペアワークでティムさんも参加してもらって、無理やりにジャッジした父のことだったのですが、今まで拒絶しかなかったのですが、ワーク中泣きそうになり、父への見方が今までとは90°変わりました。とても面白い体験でした。ありがとうございました!また参加します。

ここしばらく、自分一人でワークをしていましたが、どうしても探求ではなく、自分を責めてしまっていました。そのループからぬけだせず、著書を読みなおしたりしていました。バイロンケイティ・ワーク入門ワークショップに参加して、自己流になってしまっていたことに気づき、学びも深まりました。時にはファシリテーターの助けがとても重要だと、感じました。ティムの実際のワークを見て、感じることもたくさんありました。

自分では開けないドアは誰にでもあって、でもWORKと聞いてくれる相手のおかげで、ドアを開く体験は素晴らしかったです。そのドアの中にいる小さな自分を、これからも何度もむかえに行きたいと思います。

自己流になっていたことに気づき、ワークの本来のやりかたがわかりました。直接ワークをしていただくことで、新たな気づきもありました。とても幸せな空間でした。

自分自身の抑え込んでいた部分を改めて気づくことができて良かったです。

【タカさん】

とてもすばらしいWSでした。

【下村悠希江さん】

フルセッションを実際通しでみれたことがよかった。生で、人のセッションをみると、感動も実感できます。ワーク、やりこんでいきたいって思えました。私自身の問題だったと思ったとき、相手に愛を感じます。

居心地よく、リラックスしてワークに取り組むことができました。

 

▼ 2016年2月20日(土)〜 21日(日)

ペアワークで相手の方が自然な気付きを得られていたのが、感動的でした。ジャッジメントワークシートは本当にすばらしいです。裁く相手への愛情を感じられました。

ワーク(デモセッションも、ペアワークも)が盛り沢山で、とても勉強になりました。そして、自分自身の気付きもありました。ペアワーク中、疑問点や難しいところにもとても丁寧にわかりやすく答えて下さったので、理解が深まりました。とてもすばらしい体験をありがとうございました。

内容、ティムさんとよしこさんの絶妙なやりとり、お茶やおやつの気遣いなど、全てとてもよかったです。自分で実際にペアワークをしたり、他の方のワークの様子を見ている時間にも、大きな気づきがありました。自分が期待した反応が得られなかった時、「相手から愛が返ってこなかった」と勝手にジャッジし、苦しんでいたのだということが、ワークショップ全体を通して深く理解できたように思います。素晴らしい気づきを得られたこと本当に感謝です。これからも続けていきます。

「自分の本当の気持ち」に気づけるという面で、日常隠れているものが浮上してきたので、大きな体験となりました。

It was helpful to rehash all the mainpoints in "Loving What Is" and have them explained thoroughly. It was helpful to listen to others' Works ー it allowed me to see how a small incident can harbor negative feelings and reactions in one and build up resentment over years, affecting the present for the person who believes in his/her own story.

【Aya McCrindle(Yoshikawa)】

理論と実践がとてもうまく構成されている。

【山口透さん】

 

2015年

▼ 2015年2月21日(土)〜 22日(日)

自分の中のスペースが広がった感じをしています。楽になりました。このワークをもっと掘り下げていきたい気持ちでいっぱいです。日常に活かしていきたいです。

まずもって、「自分の探求である」と云うところ、何かを改善するためや目的を達成するためじゃないところ。音楽の配慮、部屋の環境の配慮がすばらしい。(桜の花は、ほっとしました!!)

【西山珠代さん】

「置きかえ」が本を読んでもよく分からなかったのですが、理解が深まりました。認知行動療法や選択理論心理学も学んでいますが、共通するのは「自分の考えのクセや特徴を知って」「異なる考えを知る」という点だなぁ…と思いました。柔軟な思考を持つ、「べき思考を減らす」よう自分自身も心がけたいと思いました。いっぱい探求しようと思います。

ワークについてわかっていたつもりだったけれど、そうではなかったということに気づけてよかった。

とても楽しかったです。

今回気づいたことを日常で味わっていくことを楽しみにしています。

自分自身のとらわれから、"とらわれ"という形に"とらわれず"、少しずつ成長し、解放され、"自分"に戻る方法を一つ知った気分です。他の人のセッションを見ることも心に響き、自分の助けに、勉強になりました。色々なことが、"真実"へと統合されていく感じがします。

効果を実感できてよかったです。

ペアワークやデモセッションによって、考え方、感じ方の多様性に触れることができました。自分の思考にとらわれていては、日常はつまらないものになってしまいかねない…と感じます。オープンマインドで、人に接していきたいと思いました。ジャッジメントワークシートは初めてでした。普段、何の問題もない良好な関係の人を対象にあげてしまって…ペアワークに入るまでが辛くなってしまいました。それでも、やっぱり取り組んでよかったと思うことができました。自分自身とていねいに向き合うことができました。これから、その人のことをより愛しく思える、いい感じになりました。

最後のペアでのセッションで、彼女の時間が少ない上、うまく誘導できず、反省しています。冷静にふみこまないように、相手がきもちよく答えられるようファシリテーターの難しさを感じました。でも他のクライアントの悩みやその答え方、相手のファシリテーターの進め方をま近で見るのは勉強になりました。

宿泊で長期間どっぷりやりたい。

初心者同志のペアワークはちょっとむずかしいと感じた。2日目のワークでティムさんにも入っていただき、涙に加えて汗もいっぱいかきました。(まさにワークアウト。)1日目が終わって家でジャッジメントシートにとりくんだとき、とても集中することができました。翌朝早く目覚めたとき、いろんな思いの糸がたくさんこんがらがって玉になっている映像が見えました。ジャッジメントシートにとりくむことで糸が1本ずつほぐれてきて、玉がひっかかって身動きできなかったものがゆるんで動けるようになるかもしれないと希望がみえました。ワークの効果を体感できてよかったです。

皆の前で代表でワークをやってくださる人がいたのは良かった。しかし、2名は多かったように思われる。今回は初めてのワークでした。自分をかえられるのは自分なのだということを痛感いたしました。もっと探求したいという欲求があれば、ワークをもっと活用できたと思います。そのようなことに気付けましたので、参加できて本当に良かったです。

デモンストレーションが分かりやすかったです。ワークをするのが初めてだと、進め方がわからないので、事前にケイティさんのセッションのビデオなど観ておけばイメージできると思いました。(本しか知らなかったので)

解決できていると思ったことにあえて取り組むことで、さらに掘り下げることができ、解放されました。

もう少しペアワークの時間に余裕があるとありがたいです。1日目のジャッジメントワークシートのワークをする前に、ざっと使い方の説明があると、もっとわかりやすかったと思います。本でわからない部分がわかった。自分が反応する事をさけている部分があったが、それを受け入れて探究したいという気持ちになった。

他の人のセッションの様子を見ているだけでも自分自身のとらわれから解放され、世界が広がった。

 

2014年

▼ 2014年10月4日(土)〜 5日(日)

明日から、日々の生活で生きてくるワークと思います。全て自分の中から出てきた言葉で、そこに答があるのは感動的でした。

【中村すみ代さん】

安心した雰囲気の中で、ワークに取り組む事ができました。子供時代のビリーフから大きな気づきを得る事ができました。今後、ストレスを感じた時、積極的にワークに取り組みたいと思うようになりました。

【柴田広道さん】

流れがわかりやすく、プロセス全部がワークだったと思う。デモンストレーションもとても深く、丁寧な解説もあったので自分のペアワークのときにも役に立った。

【齋藤めぐみさん】

ワークを進めていくうちに、自分の中の優しさ、強さ、温かさのようなものを頭と体両方で、自然に感じることができ、自分を信じてあげられるようになりました。想像以上のことが自分の中に起こっていて驚いています。ありがとうございました。
また、あと効きについてですが、これもまたスゴかったです!ハートが温かく、体がどっしりとかまえている感じになって、あまり自分を責めなくなってきたり、残念なことでも、もし次回があってもちょっと楽しみにしているような感覚になったりと、あぁ、平和ってこういうことかしら…という感覚が続いています!

【中村文香さん】

最初のメールでも郵便番号(振込番号)に対しての説明があり、ていねいで他では経験がないなと思いました。会場に着くとお昼の食事についてのチラシやバックミュージックの切り方など、これほど配慮された会場は初めてですばらしかったです。家に帰って気がついたのですが、ジャッジだけでなく例えば"私は不幸である"といった自分自身についても一度やってみたかったです。
極端な話、"私の未来は、真っ暗"と信じ切っていました。でも、決めつけていたんだな、と気がつきました。いい意味で未来が消えたような???初めて味わう感覚でした。帰り道も"いつもの何もない道"ではなく、"何もないかもしれないけど、違うかもしれない"と見方が変わってきました。こうなると、これから大きく意図しなくても、自分の行動が変わっていくのかも?と思っています。勿論、ワークは続けたいと思います。

本だけでは実感出来なかった気づきを見つけることができました。自分で続けてもっと深いレベルで行なえるようになりたいです。

よし子さんとティムさんが、気さくな方で話がしやすかった。

温かいふんいきの中、不思議な体験をしました。〜してはならないという枠をこえて(ジャッジする)ワークできたことが良かったです。

 

▼ 2014年6月7日(土)〜 8日(日)

ペアワークを通じて客観的に相手も自分も見ることができました。あたたかい気持ちになることができ、とても心地良い時間でした。

丁寧に対応して下さり、寄り添ってくれたティムさん、高岡さんに感謝します。一言一言の深さに感動しました。

【兵部謙太郎さん】

なかなか言葉が出てこない時も、サポートしていただくことで思いがけない気づきが生まれたりして、ワークの効果を実感することができました。クラスの方からも学ぶことがたくさんあり、充実した2日間でした。

【宮崎登紀子さん】

ワークを1人でやっていただけでは分からない深さを感じることができました。他人も自分も裁くこの辛い状態を脱し、また1段の階段を登ることができます。

会場も来やすく、時間帯もきやすかった。ティムとよし子さんのふんい気もあり、オープンな気持ちになってワークを受けることができました。全ての人に同じ可能性が開けていることを感じることができました。公開セッションがとても、受けるほうも、見るほうも、役に立ちました。とても自由なふんい気を味わいました。

【中神さん】

ワークに来る前に、いろんな偶然(というか、気付き?)があり、参加させていただきました。エニアグラムとの相互補完関係を感じたし、さまざまなところで、自分のとらわれを実感する2日間でした。しっかり、自分と向けあわないとなと、今さらながらに思いました。

【田中美奈さん】

 

▼ 2014年2月22日(土)〜 23日(日)

すべての囚われの原因、そして解決の糸口はすべて自分自身の内にある。豊かな時間を過ごしました。

【宮田純男さん】

シンプルな質問にも関わらず、素直な気持ちで答えていけば自然に気づきが出てきて、感動しました。

リラックスした場づくりが安心できた。様々な事例を話して下さったのが参考になった。(ビジネス-パートナーシップ、ユニバーサルビリーフなど)ありがとうございました!

本だけではわからなかったことが理解でき、よかったです。

とても素晴しい時間をありがとうございました。是非関西でも広められる手伝いがしたいです。

【吉野リョータさん】

最初、ワークについていけるか、きちんとワークができるか不安でした。やっていくうちに、なんとなくできているかな…という感じは持てました。大きな気づきを得るためには、もう少し回数をこなす必要があるのだろうと思っています。参加されている皆さんを見ていて、大きな気づきを得られている様子がみられて、このワークの効果を感じることができました。私はそこまではっきりとした大きな気づきは得られませんでしたが、なんとなく思っていることを口に出すことによって、「そうだったんだ…」と思うこともありました。今後もワークを続けて、自分自身を大切にしたいと思います。

YouTubeでワークの様子をたくさん観てきたのですが、どこか映画やドラマを観ているような感覚でしか捉えていなかったように思います。(ワークがすごいことは分かっているけれど私には出来ない等)。今回実際に教えていただくことで、より身近に現実の生活の中で自分でも取り組めるものとしてワークを体感できました。また、2人ペアになって行なうことのパワフルさは1人ではなかなか体験できないものであり、ワークのパワフルさを更に感じることができ嬉しく思っています。ティムさん、よしこさんの平和でオープンな雰囲気のおかげで安心してワークに集中することができました。参加されているみなさんも自己探求に真剣な方々ばかりで、平穏なゆったりとした中で密度の高い時間を過ごすことができました。

 

2013年

▼ 2013年9月7日(土)、8日(日)

これまでは一人で本を読んでワークしていました。今回セミナーに参加してみて、ワークの本当の深度というか、こういう次元でやるものなんだということがかわりました。一人でやっててもなかなかそこはわからないと思います。セミナー参加を迷われている方には、一度試しにくらいの感じでいいと思うので来てみたらいいのではないかと思います。ティム・マクリーンさんのデモンストレーションや参加者同士のペアワークで、相手の方が自分で自分の中の何かに気づいて表情が変わられていく様を見てすごいなと思いました。僕はただ書いてある通りに言ってるだけなのに。僕がクライアントのときに思わぬ反応をしたようで、相手の方が驚かれたりもしていました。ワークはツールであって続けていくと上達するようなので取組んでみようと思います。野村克也さんの本に「思考が人生を決定する」という言葉があるのですが、そこに作用するツールだと思います。

【牧野茂さん】

総合的に満足でした。講師もフレンドリーでどんな質問にも丁寧に答えてくださり、ありがたかったです。内容も本だけでは感じ取れない、或は上手くいかないときのポイント(ゆっくりやる、心に問いかける、許そうとするのではなく探究心をもつ大切さ、深呼吸して、などなど)ができたのはとても良かったです。
すごくよかったです。ティムさんの陽気だけど、心のこもった感じ、よし子さんの細かい配慮もすばらしかったです。ペアワークをすることで、一人では堂々めぐりだったテーマも、思いがけないこたえが出てきたりして、ワークのすごさを感じました。参加して、本当に良かったです。
本で読んでいるのと実際に生で説明を聞くちがいを実感した。時間どおりにスタート・進行するのは良い。
時々、目を閉じて落ち着ける時間があったのが、とてもよかったです。
本だけではわかりにくかった事が、実体験できて良かった。やっぱり相手の方がいてワークを行なうと、とても「スッ」と自分の中に落ちる感覚がある。相手に色々求めすぎてしまっていた事に気づき、自分と相手が似ていることにも気づけた。
8/24特別ワークショップで笑えなかったのに今日のワークショップでは素直に笑える自分が居ました。また、ペアワークでクライアントとして答えている時、何故か涙が出たのと妙な沸き上がる力を上半身に感じました。本当に参加して良かったです。1ヶ月前にケイティさんの本を参考にワークを始めましたが、どんどん自己嫌悪に陥り、8/24特別ワーク以降はワークをやめていました。今回のワークショップでは確にクライアントとして同じ様な答えを声に出して答えているのですが、何故かスッキリするのです。

 

▼ 2013年5月11日(土)、12日(日)

ワークショップの参加人数も適度な人数でしたし、雰囲気も和やかで安心して参加することができました。ワークのデモををみなさんで共有できたのがとてもすばらしかったです。実際にその場に立ち会うだけで、一緒になってワークの効果を体感できるということが実感できました。ワークに取り組む事は、クライアント側もファシリテーター側も、誰も誰かを厳しくジャッジする事のない、暖かで包容力にあふれた優しい場を作り出すことなのだなと感じました。頭の中で何が起こっているのかを理解する事ができたのなら、そこから見いだされるのは、優しい愛情にあふれた人の本質なのだなぁと感じました。今回のワークに参加してからの2週間ほど、日常生活の中でいつも頭の片隅にワークのツールを置いて活用する事で、毎日が今までに比べて、より穏やかに感じられています。現実に対してわき上がる、怖い、しんどい考えに対処できるツールを持っているだけで、漠然と感じていた自分の外側の世界に対しての恐怖がほどけていく気がします。自分の人生に対して勇気の持てる、とても素晴らしいツールを得ることができて、ありがたく思っています。今回のような素晴らしい場を提供してくださって、ありがとうございました。また、参加できるのを楽しみにしています♪

自分のため、人のために学ぶことが目的でしたが、理論と体験を十分にさせていただき、また大きな気づきもいただきました。「探求」すること、「感じる」ことの大切さが実感でき、深い理解が得られ、満足です。

【長浜直子さん】

本で読むのとは大きく違い、体験により、深く自身で出会うことができて、本当に良かったと思います。真理に触れたという感覚を持ちました。

実際にバイロンケイティのワークをやってみて、新たな気づきがあったことと、手法が学べてとても良かったです。今回のようなワークを中心にしていただいた方が、楽しめて腑に落ちる感じがあるのでお願いします。

【寺石義和さん】

とてもオープンであたたかい雰囲気の中で、ワークを学び、深めることができるすばらしい環境だったと思います。ティムさん、よし子さんのお人柄が講座をより魅力的なものにしていたように感じます。夫婦仲良くやってゆくとてもよいきっかけになりました。ケイティワークは美しいなあ…と思いました。

【吉澤ゆかさん】

理屈で問い詰めるワークであるという印象を持っていたが、フルでワークをやって初めて「自己回復」「自己理解」のためのワークであることが理解できた。何度か訓練が必要だと感じた。(まだ理屈で感じている自分がいるため)

自分のありのままの状態を気づくことができ、自分の最優先希望を実現することができました(今回のワークショップへの参加も含めて)。お二人の優しくおだやかで自由なふんいきに魅かれ、ここまで来ました。もっと学びを深め、自分をとりもどし、自由に生きていきたいです。希望のつばさがバッサバッサというかんじです。来られてほんとうに幸せでした。

【田中祐子さん】

ワークのデモが素晴らしかったです!!自分の中の見たくなかった部分でさえもいとしく感じる事ができるという発見が本当に嬉しく、大きなギフトとなりました。ワークをいろんな人と学べて本当に幸せでした。もっともっとワークをしていきたいです。ティムさんとよし子さんの暖かさが伝わって、心が暖かくなりました。
ワークを通して自分の足りない部分(愛すべき部分)に気付くことができた。
ワーク自体が大変すばらしいものであることがよく判りました。説明も判りやすくよかったと思います。
人数的にもペアワークがやりやすかった。会場もアクセスが良くて便利でした。全体的に暖かい雰囲気が漂っていました。ワークについては、説明→実践→シェアリングでよかった。

 

▼ 2013年1月26日(土)、27日(日)

自然に自分自身に気づくことのできるワークだと思いました。

【向後善之さん】

自分の中で新しい気づきとふにおちて、このワークのすごさを感じました。

【山田淳さん】

他の方の例を見させて頂き、自分のことと重なる部分があった。ワークの進め方、置きかえの方法など、自分で本を読んだだけでは理解できなかったことがわかった。
自分でやっているよりも深いきづきがあった。ワークのパワフルさを実感できた。ペアワークは本当に有効だった。この今日のきづきをもっと深めたい。ペアワークをたくさんやりたい。エニアグラムやワークを続けたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。もっと自分を発見したいです。
気持ちに届くワークだと思った。
ワークをして、客観的に相手を見ることができました。それは新鮮な発見でした。ワークを終った後、ペアの相手が率直な感想を言ってくれました。そのことによって客観的に自分を見ることができました。そのことは自分にとって、とてもありがたいことでした。明日から違った目線で相手を見ることができそうです。スペースもとても居ごこちがよかったです。ティムさん、よし子さんの温かいお人柄が私の心をゆるませてくれました。感謝します。
実際にファシリテーターからワークを受けて、本音の部分に少しふれることができ、自分がもっと混乱すると思ったが、思っていたよりも自分が混乱していない事にも気づき、自信になった。自分が(編注:エニアグラムの)タイプ6なのを実感しました!納得です。もっと自分を知りたいので探究したいです。
自分にジャッジが多いことに今までがっかりすることが多かったのが、ジャッジが多くてよかったと思いました。はじめて。今まで(編注:置き換えの中の)「楽しみにしている」は絶対に言えなかったんだけど、今日は言えました。本当に、次に自分がどんな反応するか楽しみなので。

 

2012年

▼ 2012年9月22日(土)、23日(日)

本当に楽しく豊かな学びを頂いた2日間でした。自分を探究していくことの楽しさ、喜びを改めて感じました。バイロン・ケイティもエニアグラムももっと学んでいきたい。自分を幸せにしてあげたい♪と想いが膨らんでいます。そう感じさせて頂けたのはティムさん&よし子さんのBeingでした。本当にありがとうございます。今日参加できて本当に良かったです!今のタイミングで、バイロン・ケイティ・ワークの原点(基本)に触れられたことが特に大きな実りでした。

【菊池かおりさん】

ぼやけてみえていた輪郭がはっきりと見えるようになり、ケイティ・ワークのシンプルさと相手を信頼する大切さを学びました。4つの質問のやり方、3つの理由の例えがわかりました。初級を受けて本当に良かった。1日1ワーク実行してみます。

【宮嶋やよいさん】

苦手だと思っていましたが、取り組んでみようと思いました。本当は・・・義母のこともキライだから取組みたくなかったけど・・・だから取組みました!大好きなワークになりました~♪私、向いている気がします!

【川口春惠さん】

内容が充実していた(具体的な手順)。ティムさんとよし子さんのお人柄と役割がグッドだった。パートナーシップ。体験してみて、はじめてわかることがたくさんあった。

【佐々木のり子さん】

ティムさんにワークをやっていただいて、自分がどんどん解放されていくのを感じました。安心して委ねて楽しみながら自己探究をすることが出きました。途中から自分がどんどん軽くなっていくのを感じました。自分を知るチャンスをいただけたことに心から感謝しています。これからどんな自分と出会っていくのかとても楽しみです。
2日間、本当に丁寧にケイティワークを教えてくださいまして、心から感謝しています。とても楽しかったです。同時に、とても深いワークでした。私は、ケイティ・ワークは、まさに愛だと感じました。
私は、よし子さんに見守っていただきながら、ティムさんにワークをしていただけたことに本当に感謝しています。
ワーク中、私は、導かれるままに、ティムさんと、自分を信頼して、感じたことを言葉に出していきました。ワークを通していただいた深い気づきと学びは、私の一生の宝物になりました。本当に心からありがとうございました。
小さな頃からずっと苦しみ続けてきたジャッジへの思い。ティムさんとのワーク中に、ある瞬間から、その苦しみから解放されて、自分が自由になっていくのを感じました。もしかしたら、私は、このノン・ジャッジを学ぶために・・、そして、「今、ここ」に導かれるために、自ら、自分の両親を選んで生まれてきたのかもしれないと、ふと、そんなふうに思いました。そう思ったら、両親は、私が「今、ここ」に来るために、そうした役割を担ってくれていたのかもしれないと、とても感慨深く思いました。
「ノン・ジャッジ」そして、「すべては、自分を知るためのチャンスを与えてくれている。」・・本当に素晴らしいギフトをいただきました。本当に、本当に感謝です。。。愛と感謝と平和。それは、ノン・ジャッジ・・慈悲の心から生まれてくるものなのかもしれませんね。。。
ティムさん、よし子さん、本当に素晴らしい二日間を心からありがとうございます。

【チカ☆さん】

自分の思いぐせに気がつき、普段の生活が楽になった。1つのことが気になり、そこだけにチャンネルをあわせ、執着していたが、ワークショップ後は、執着する時間が少なくなったと感じている。今後も悩んだときの1つの解決策になると思い、参加してよかった。
自分が抱えている問題に対して、新しい可能性をみつけることができて、とても役立ちました。非常に効果のある(セルフ)ワークであるので、自分自身つかえるようになりたいし、人に提供できるようになりたいと思います。
とてもフレンドリーな場、 安心 安全の場を提供して戴き、ありがとうございました。念願かなっての参加となりました。本等で考えていたバイロン・ケイティ・ワークより、とてもウイットに富んだティムさんとよし子さんの寄り添い方(ストーリーでない)がとても感慨深かったです。事務局の和田さんのさり気ない気配り、ありがとうございました。全体的にとてもすばらしいワークでした!
ワークの基本や背景を知れたことも良かったですが、ワークは自分の為にやるということを教えて頂いたことがとても勉強になりました。どうしても現実や相手との関係を改善したり、変える為だと思ってしまうのですが、改めて『ワークは自分の為』だと感じながら今後も取り組みたいと思いました。またティムさんとよしこさんのフルセッションを受けてみたいです。
初日は質問のタイミングがつかみにくい時もありましたが、2日目は所々聞いて下さったので、聞きたい事聞けました。良かったです。セッションするまではやりたくないという抵抗感で逃げたい位でしたが、口に出して言ってしまった方がずっと楽になりました。
本で読んでいるだけではわからなかったことが、体験してとても気づきが多く得られた。自分について無意識に思っていたことが、自然に意識できた。ケイティワークは、自分を見つめるツールとして、とてもすぐれていると思いました。2人のペアがよい感じでサポートし合っており、楽しかった。とても内容の深い体験ができました。
ティムさんとよし子さんの絶好なファシリテーションのもと、安心して2日間すごすことができました。ありがとうございました。ただ最後のワークは少し短かったように思います。
人の悩みを聞く立場ですが、実はそれどころではなく、余裕のない状態での参加でした。私の中のモンスターを確認できたと思います。もう少し、ゆっくり取り組んで参ります。他の方のセッションを伺うことも、とても自分のためになりました。何となく感じていることを声に出し、紙に書き、面と向かって対することで更に実感できるという体験ができ、とても良かったです。ティムさん、よし子さんのやりとりも、とてもひかれるものがありました。素晴らしいお二人に感謝です。
本で読んだだけでは分からなかった点について、説明してもらえて良かった。私は、父に愛されていた、父の愛を感じる事ができました。楽しくケイティ・ワークを体験することができ、来て良かったと思います。
初日から2日目に段階的に手順を学べるのでわかりやすかった。また、デモが多くて、どういう風に行うかというインプットができたのも良かったです。

たった2日の入門コースとしては、充実していたと思います。

【チャラムさん】

ワークのやり方、効果について実感できた。自分領域と他人領域についてよく理解できた。
自由は今ここにしかなくて、自由はビューティフルだと思いました。

 

▼ 2012年5月12日(土)、13日(日)

初めてケイティワークを受けたにもかかわらず、ワークの効果を実感することができた。ワークはシンプルでわかりやすく、こんなに簡単に自分の探究ができることに驚いた。このワークをもっと続けていきたいと思った。
ワークを2日間受けて、かなりストレスが軽くなったように思う。続けていくことで、自分の心が自由になり、強くなると思うと楽しみです。

【谷本たまみさん】

終始リラックスした雰囲気、和やかな中でワークができたことが、うれしかった。時々、夫妻(めおと)漫才のようなユーモア、笑いがあって楽しかった。2日目のデモンストレーションは感動した!死を扱った内容、深刻に思える親子の問題も鮮やかに解放に向かう姿にこれからの生活、社会に対して希望を感じた。

【水井百合子さん】

気持ち良く取り組めました。家庭的で温かい雰囲気が非常に良かったです。本当に素晴らしかった。こんな体験が出来るなんて、びっくりです。目からウロコがたくさんありました。

学生時代のドリル(算数)のような、シンプルな作業を繰り返していくだけで、安らかで、地に足がついた、力強い自分に、どんどんとなれるのがとても不思議でした。このワークに出会えて嬉しいし、講師のお2人が地味だと思うほど(失礼ですみません)堅実な信頼を感じさせてくださる方々で、アメリカ発のワークなのに・・・とびっくりしました。すばらしいお2人で感謝でした。帰宅してから、目に映る全てのものを、今まで違った観点で見つめるようになり、新鮮ですが、慣れない感覚でいます。「怒り」を感じることがほとんどないです。もっとレッスンを長く続けて、静かで豊かな自分になれるように思います。感謝です。

【T.I.さん】

淡々と探究していけるのが、とても気持ち良かった。お二人の温かさが全員を包み込み、素晴らしいデモセッションを見せて頂けて、幸せな2日間でした。

このワークの素晴らしさに感動しました。静かでありながら、ダイナミックな力強さを感じるワークでした。全ては自分の内側の出来事。快・不快も自分が作り出しているということ。頭ではわかっていても、どうにも離れなかった考えが、たった4つの質問で、自由になるあの感覚。本当に素晴らしいワークに出会えたと、心から感謝しています。ティムさん誘導の瞑想も本当に気持ちがよかったです。内側に感じる静けさ。ベルの音は、まるで人生そのもののようでした。陰と陽、静と動、呼吸のように、波の音のように、静けさから生まれ、自分の音を共鳴させ、また静けさへと帰っていく。その心地よさと、深い感動は今も忘れられません。1日1ワークが日課になっています。感情の波が激しいと、自分自身の姿も見えなくなることがありますが、心を静かにし、ワークで問いかけることで、真実が見えてくるのですね。また、暗闇の中に入ってしまうことがあるかもしれないけれど、このワークがあれば、それさえも楽しみにしている自分がいます。

【石井睦子さん】

とても新しい学び、気づきでしたので興奮しました。心が軽くなりました。新しい自分がスタートしました。

【Kumiさん】

今までこのワークに感じていた「とらわれ」が全て洗い流されました。これほどシンプルに相手の内なる叡智に触れられることに深く感動しました。ティムさん、よし子さん、和田さんのbeingに本当に助けられました。相手の方が自身のことばで語られることに、私の深い部分がいやされました。感謝10乗です。

【佐倉亜希子さん】

ファシリテーションをして下さった方のヒントで、新しい気づきがあった。これからそれに取り組み、より解放していきたい。
ストーリーに入ることなく、いつも「今ここ」に焦点すること、結局すべては自分であることなどが何か禅にもつながるような清澄さといさぎよさに満ちていて、私は好きだと思いました。ペアワークでは、お互いにとって本当に必要なというか、有意義なお相手が不思議なご縁でやってくるものだと思いました。良いワークができたと思います。
1月に参加して以来で、その間本で読んで何となく理解していた内容を実感として感じることができた。ペアになってワークすることが非常に大切だと思いました。
デモンストレーションとペアワークでの実践が、バランスよくあって良かったと思います。人のワークを見ているだけでもとても役立ちました。
デモンストレーションをたくさん見られて、とても勉強になりました。
実際のデモンストレーションが多く、分かりやすかった。ペアワークも分からないなりに質問にもていねいに答えていただけて、やりやすかったです。デモンストレーションについては、問題の深刻な方のケースも、とても参考になったのですが、「上手くできないです」としきりに言っていた方のケースも見てみたかったです。自分の心の中のことをうまく整理できるよう、その手がかりをもらうことができました。
2日目のデモセッション2つを見て、ケイティ・ワークの深さをかいま見た気がしました。すばらしかったです。日常的なとらわれだけでなく、深いテーマもストーリーへのよりそいなく、ターンアラウンド(置き換え)までもってゆける(みちびける)ということ。最大の発見でした。最後のティムさんのことばも心に残りました。ワーク、がんばって練習します。自分をみてゆきます。

判っていてもつながれない、感じられない部分について、デモンストレーションの中ではじめて腑に落ちました。意識していたインナーチャイルドではなく、がんばっていた自分、感じないようにしていた自分に対して、どれほどジャッジしていたかにびっくりしました。ファシリテートする立場になった時、どう深く入るのか、ティムのサポートを見ていてあらためてクライアント役の方への信頼と、「今、ここ」に留まるサポートの重要さが判りました。ありがとうございました!!

【NAOさん】

今回のワークで、「自分の領域」で自分の問題に取り組むと新しい発見があるということ、人生に新しい扉が開くということを実感として感じました。今までは、バイロン・ケイティ・ワークでは深い問題に取り組むのは難しいのではと思っていましたが、その考えがひっくり返りました。
今後もワークを通して、「自分の領域」にとどまりつづけたい。
手放すとはどういうことか、どうしたらできるのかを学びのテーマにしていた時期がありました。「手放そうとする必要はない。探求すると自然に離れる。」そのことばに、たしかに現実は自分が考えているよりもやさしく、考えなくてもいいことに時間をたっぷり使っているなぁ・・・とあらためて感じました。日常に活用できるだけでなく、これからしていきたいことにプラスしていくことで、人生を楽しめるという感じがしています。とても楽しみです。

 

 

 


druckversion印刷用 | サイトマップ
© C+F Institute. All rights reserved.